自己破産は何かと大変

            

自己破産という行為は自由にできるわけではなく、まず申告をするときに弁護士にお願いする必要があります。

その上で裁判所に判断を仰ぐことになります。そうは言っても弁護士が請け負ってくれた段階でまず大丈夫です。

もちろん、弁護士に嘘をついていたりしますとさすがに厳しいことがあるのですが、そうではなく正しく自己破産をすることができるような状況であれば、大抵は許可されます。

自己破産でよく勘違いされているのが、債務が全く全てなくなるということです。そうでもない場合がありますし、保証人などが付いている場合はそちらに債権の回収業者が行くことになります。分かっている人は保証人などがいますと自己破産ができないということがあります。

不可能という意味ではなく、義理的に行ってしまうと非常に問題があるということです。 そういった場合は任意整理でどうにかすることもありますが、もはやそういうレベルではない借金の場合もあります。義理的に問題があることもありますが自己破産自体は合法的な行為です。



関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です