自己破産・借金放棄弁護士が妥当かどうかを見極める為に複数の意見を参考にする

            

自己破産を提案されますと、悩んでしまう事もあります。確かに破産を行えば、借金の金額はゼロになるのです。しかし人生1回限りの手続きという事もあり、とても重たく感じられる事もあります。弁護士からその手続きを提案されるものの、二の足を踏んでしまう事もあるでしょう。

その場合は、また別の弁護士に相談してみるのがおすすめです。複数名の意見が一致しているか否かは、1つのポイントになります。
仮にAという弁護士が、自己破産を提案してきたとします。それでBという弁護士は任意整理を提案してきた時は、必ずしも自己破産が正解とは断言できません。意見が一致していないからです。

逆にAとBという2名の弁護士の意見が、どちらも自己破産で一致している時は、たいてい破産をするのが正解です。複数名の意見が一致している時は、たいていその手続きが一番妥当だからです。ですから破産の手続きを行うかどうかを悩んだ時には、複数の方々からの意見を聞いてみると良いでしょう。



関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です