自己破産後に気をつけたいこと

            

お金を借りて返済できない時は、まずお金を借りた銀行や消費者金融に行き、返済方法を再検討してもらうようにしましょう。

それでも返済が難しい時は、債務整理を考えるようにするといいでしょう。債務整理は任意整理や特定調停、個人再生、さらに自己破産があります。このうち自己破産以外は、すべて何らかの形で借りた分を返済することになります。しかし収入が少ない、売却する車や財産もないという場合は、自己破産をするようにしましょう。

自己破産というと何かマイナスのイメージがありますが、要は借りていた分を返せないので、裁判所に申告して、その分を帳消しにしてもらう方法です。本人にお金がなく、生活するのがやっとという場合は、申告の後すぐ免責となり、借金から解放されることになります。ただしもちろんそれに伴うデメリットもあります。

まず官報に個人情報が記載されます。無論官報を日常的に読む人はかなり限られますが、闇金の関係者がこれをチェックしていて、自己破産をした人にDMを送りつけて来ます。しかし闇金は金利が非常に高く、しかも取り立てが厳しいので、DMが来てもすぐ処分するようにしましょう。

それから自己破産の対象となった金融機関で、消費者金融や信販系の会社は5年間、銀行は10年間、ローンを組んだり融資をしてもらったりすることができません。もちろんクレジットカードも使えなくなりますので、口座引き落としなどの現金決済に切り替えておきましょう。また、よく自己破産をすると引っ越しができない、あるいは選挙に行けないなどといわれますが、そのようなことはありません。ただし自己破産申請中の転居は控えた方がいいでしょう。



関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です