自己破産で気をつけたいこととは

            

債務整理の中で、唯一債務を返済しなくていい方法があります。これを自己破産と呼んでいます。どのような物かはわからなくても、名前だけなら知っているという人もいるでしょう。また、もしお金を借りていて返済できなくても、この自己破産をすればいいと考えている人も、あるいはいるかもしれません。しかし、無論自己破産をするにも条件があります。まず定収入がある人の場合は、返済能力があるとみなされるので、自己破産をするのはかなり難しいと考えていいでしょう。それから車や財産などがある場合は、それを売却してお金に換えられるので、やはり自己破産はできにくいといえます。このような場合は破産管財人が間に入り、財産を処分して債権者、つまりお金を貸した側に配当する仕組みとなります。これを管財事件といい、期間も1年ほどかかることがあります。ただし財産がほとんどない場合は、管財人が間に入ることがなく、破産の宣告とほぼ同時に免責が下りて、借金が帳消しになります。自己破産をした場合は、この免責が下りてから5年または10年間は、本人名義でローンを組むことはできません。自己破産の場合は、消費者金融やクレジット会社では5年間、銀行では10年間信用情報にブラックが登録されることになります。また自己破産を1度行うと、その後7年間はできません。もし7年後にもう1度自己破産をした場合は、破産はできても免責が下りず、すべて返済しなければならなくなることが多いので、やむなく自己破産をする場合は、せめて一生に一度だけにしておきましょう。



関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です