自己破産について

自己破産というとかなりネガティブなイメージがわくかもしれません。
ですが、全てのことをやりつくした後でももうどうしようもなくなってしまった場合は自己破産をするという選択が一番良いと思います。
私は自己破産の経験者です。すでに10年以上経っているため過去の体験を書こうとは思っていません。
ただ、経験者だからこそ知っている情報を書いていこうと思います。
まず、自己破産をしても解雇にはなりません。これは個人情報であるため、官報を毎回見ている会社以外はその事実を知ることはありません。
見るとしたら金融機関ですが、その業界以外であれば問題ありません。
破産を宣告し、免責を受ける際にはいくつか不適格事由というものがあります。不適格事由があった場合は免責を受けることができません。
いくつかあるのですが、代表的なものはギャンブルで作った借金は不適格事由になります。また、裁判所にいって免責を受けるのですが金融機関の担当者が来ることもあるようです。私の時は1社もいませんでした。
無事に免責を受けてからもいくつか制限があります。
まず、ローンを組めません。少なくとも10年間はキャッシュで生活することとなります。
ここで少なくともと書いたのは10年後以降、組める可能性はあります。これは信用情報機関(一番長いのが全銀連)の信用情報が完全にホワイト(まっさら)になるからです。
事実、私は現在は住宅ローンも組んでいますしカードも持っています。ただ、信用情報機関で消えても金融機関では消えないため免責を受けた会社では借りることはできないと思います。
ただ、借金で困ってしまった経験があると何年経ってもローンには及び腰になるのでキャッシュ中心の生活が自然に身につきますね。
自己破産についてさらっと書きましたが借金で首が回らないという状況は精神的に追い詰められます。
もしも自分の力が及ばないと思ったら弁護士に相談するべきです。
その時その時で最適解をきっと導き出してもらえるはずです。