自己破産以外にも任意整理という選択肢があります

日本政府は景気が上向きになっているとアピールしていますが、一方で給与が上がらず生活が苦しいと感じている人も多くいます。そんな中増えているのが借金を返せなくなる人の存在です。特に消費者金融から大きな額を借りてしまったり、複数の業者から借り入れをしてしまうと現実的に返済できる金額ではないところまで借りてしまう人がいます。では、そうなってしまったら自己破産しかないのでしょうか。
実は、それ以外にも任意整理という選択肢があります。自己破産をすると確かに抱えている借金は全て返済義務が無くなりますが、一方で必要最低限のものを除いたほとんど全ての資産が差し押さえられてしまいます。また、法律関係や警備員などの職種にも就けなくなるなど多くのデメリットがあるのです。
ただ一方任意整理という道を選べば、そういった制限事項はありません。借金については全てが帳消しになるわけではありませんが、債権者と依頼する司法書士などが相談することで、現実的な返済計画が組みなおされるのでこれまで通りの生活ができる可能性が高くなるのです。またこれらの手続きは全て債権者と司法書士などの間だけで行われ、裁判所を通さないので様々な手続きに時間を取られることもありません。これらは魅力的な点だと言えるのではないでしょうか。
また任意整理では自己破産の際には認められないことが多い浪費、例えばギャンブルなどで抱えた借金にも適用できます。借金で困っている際には、自己破産だけでなく任意整理も選択肢の一つとして検討すると良いでしょう。